レンタルとの違い


リースと似たようなサービスでレンタルがあります。素人にはこの区別がつきにくいのですが、様々な面で違いがありますからしっかり違いと共通点を理解して上手に使い分けるのがオススメです。

両方に共通しているのは所有者が業者側にあるという点です。ですから扱いに注意する事と勝手に転売や破棄ができない事をしっかり念頭に入れておく必要があります。したがって私有資産ではありませんから税金などの事務処理は不用となりますが、事務手数料など所定の費用がかかりますから場合によってはランニングコストが若干かかってきます。アフターフォローは手厚いですから万が一の時でも安心です。

違いは所有者が通常レンタルの場合はレンタル業者であり、リースであればリース業者となりますが、レンタルとリースの両サービスを一社が兼務している場合もあります。その時でも別契約になります。リースは一般的に法人を対象にしているのに対してレンタルは個人でも利用可能です。利用期間はリースの方が圧倒的に長くレンタルは長くても3年です。長期使用したい企業はリースがオススメです。リースは中途解約できませんがレンタルは中途解約も可能ですし新品に限り製品を自由に選べるのはリースの良さですから、高品質な製品を導入できるという点で安心感があります。レンタルは製品選びが自由にできませんから、製品にあたりはずれがある事は覚悟しておかなければなりません。初期費用はリースならかからないのが一般的ですがレンタルはなんだかんだとかかることが多いです。