コストを考えるなら


レンタルリースそして購入とコピー機の導入方法には3つあるのですが、コストダウンを考えた時にいずれがお得かは、それぞれ一長一短ありなんとも言えません。高品質な製品を格安で導入したいならリースがいいでしょうし、ランニングコストを考えるなら購入した方が適切です。ただしまとまったお金を簡単に右から左に動かせるだけの投資が可能である場合に限りますから、小規模オフィスや個人事業主など資金源に難があるなら、リースがオススメです。ちなみに、コピー機販売“OAランド”では、リースの取り扱いもしています。こちらのサイトも参考にしてみてください。

その代わりリースは長期契約になりますから万が一早々と店じまいしてしまったとか、コピー機が不用になったという時に不便さがあります。昨今は中古コピー機でもリースを行っている店舗も増えてきたようですから、自社状況を検討した上でリースを選択するかどうかを検討した方が賢明です。新品といってもメーカーからの試供品など払い下げ品である場合が多いですから、量販店で購入するよりは正規品よりも安く手に入れる事ができるのは魅力です。

同じタイプの製品であっても店によって若干の違いがありますから、複数の業者から見積もりをとって比較検討した方が賢明です。契約内容も注意深く確認をとる事で後から後悔する事もなくなるはずです。納得のできる内容で契約する事が大切です。