コピー機のリース


リースは一般的には業務用製品を扱っていますから、大型のタイプですが現金購入よりも安い経費で製品の導入ができるという事で、中小企業を中心に一般に普及している形です。OA機器などは特に標準的なタイプでも一台100万円相当しますから、大手企業で安定した運営がされているのでない限り購入が厳しいと感じるところは多いはずです。

そのような状況にある企業にはオススメの導入タイプです。ただし向こう10年の間でも何があるかわかりませんから、半永久的に継続して使用し続ける予定なら問題ありませんが、そうでない場合は中途解約ができない分リースではかえって経費が高くついてしまう事もあります。購入以外は自分の所有物とはならない分、気を遣って使用しなければならない不便さはあるものの、少なくとも契約期間は利用手数料など格安な経費で利用できるのが魅力です。

保守契約もしっかり結んでいれば故障時にも格安で修理・点検をしてもらえます。リースは通常新品で高品質な製品の導入ができる事がほとんどですから、トラブルの不安は解消されるのも、広く一般に導入されているゆえんです。利用範囲も法人はもちろん教育現場や公共施設でもリースでのコピー機導入をしているところが多いのです。

新品を導入できるのはうれしいサービスですがもう少し格安の中古を希望しても無理ですから注意が必要です。ただしリース料金は経費扱いになりますから税金対策としても良好な買い物になります。忘れてならないのはお客さまに有利な条件で提供する代わりに審査がある事です。